住宅ローン減税

最近マイホームを購入するという人がたくさんいますが、このときに住宅ローン減税という言葉をよく耳にすることがあります。
これは国が出した住宅に関する税制度のことで、住宅を新しく購入した場合や増改築をした場合に、購入した人の税負担を少しでも少なくするために住宅ローンの一定の割合を決められた期間、所得税から控除しようというものです。住宅ローン減税とはこの所得税の他に場合によっては住民税からの控除も受けることができるようになっています。住宅ローン減税は適用された場合には税金がその分やスク住むことになりとてもお得な制度ですが、誰でも受けることができるということではありません。
また控除額に関しても取得した住宅に住み始めた時期によってその金額に差が出てくることがあります。したがってこれらの点をしっかりと確認することが大切です。最近は住宅ローンに関して力を入れている銀行がたくさんあります。返済期間が延長できたり、金利や諸費用が比較的安くできたりといったところがたくさんあります。