キャッシングで失敗する人は返済計画を立てない

キャッシングで失敗する人の多くは、返済計画を立てていません。
返済計画と言っても毎月いくらずつと言うような計画は必要ありません。
そのような計画が立てれば申し分ないのですが、ただ単にいくら借りたから次の給料日に返済するという目処を立てるだけの話です。
例えば、給料日前にちょっと足りなくなってキャッシングという事はよくあるでしょうが、その際はキャッシングをした次の給料日で全額随時弁済するのです。
こうすることで残額がゼロになりますし、利息の金額も100円単位にしかなりません。
しかし、このような借金をそのままにしておいて、次の給料日にちょっと足りないという事でキャッシングを繰り返すと残高がどんどんと増えていきます。